公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学する際、入学金と授業料(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
| 定款 | 財務諸表 | 役員・評議員・組織図 | 役員報酬規程 |
| Japanese | English |
トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問

新型コロナウイルス感染拡大に伴う最新情報・お知らせ


みちのく未来基金「第7期生の集い」

みちのく未来基金「第7期生の集い」

#設立の記録

みちのく未来基金「第6期生の集い」

みちのく未来基金「第5期生の集い」

みちのく未来基金「第4期生の集い」

みちのく未来基金「第3期生の集い」

みちのく未来基金「第2期生の集い」

みちのく未来基金「第1期生の集い」

 
TOPIX・事務局からのインフォメーション

   過去の更新情報一覧

進学給付御希望の方

寄附・支援御検討の方



基金スタッフ紹介

みちのく未来基金facebook




スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]

【定時理事会を開催しました
2021/11/17 更新
11月16日、第20回定時理事会を開催いたしました。
今回は第10期の決算報告、定時評議員会の招集、理事改選について決議し、承認されました。
事業報告については、第10期の奨学金給付実績、今後のみちのく生のエントリー状況、
また設立10年目を迎えて開催した「感謝の集い」等について代表理事から説明がありました。
決算報告ならびに理事改選などの詳細につきましては、12月の評議員会終了後、基金ウェブサイトに掲載いたします。
 

新しいスタッフが着任しました

2021/11/04 更新
新しいスタッフが着任しましたのでお知らせします。
今吉 成和(いまよし しげかず)
ニックネーム:いまちゃん
カゴメ株式会社より着任、鹿児島県出身

ひとこと
2018年の10月以来、約3年ぶりで2回目の赴任になります。
依然と同様に、みちのく生のために少しでも役に立てるように
誠心誠意、頑張りたいと思います。

「感謝の集い」を開催しました
2021/10/27 更新
みちのく未来基金は、2021年10月21日で設立10年を迎えました。
これまで基金を支えてくださった皆様への感謝をお伝えしたく、10月24日に東京・品川で
「感謝の集い」を開催いたしました。
当日は100名ほどの方々にお集まりいただき、感染予防対策をとった上で久しぶりの交流を実現することができました。
元スタッフとみちのく生OB・OGとのパネルトークは、震災当時から設立後間もない頃の活動を改めて
振り返る時間となりました。
設立からの10年間を振り返る動画が会場流れると、当時のことに思いを馳せて涙ぐむ参加者の姿も
見られました。
短い時間での開催ではありましたが、改めて「つながり」の温かさを感じ、基金に関わる皆が互いに
支えられていることを実感できる場となりました。

 

【第11期事業計画および予算について】
2021/10/1 更新
みちのく未来基金第11期の事業計画書および予算書を掲載いたしました。
詳細は下記URLからご覧ください。

http://michinoku-mirai.org/zaimu.html

【年次面談がスタートしました】
2021/9/30 更新
みちのく未来基金では、みちのく生とスタッフが年に一度必ず面談することを約束しています。
この面談は、普段の生活状況や学校生活などについて、
基金スタッフがみちのく生と一対一でじっくりと話を聴く重要なイベントです。
今年も新型コロナウイルスの影響を踏まえ、みちのく生が「対面面談」と「オンライン面談」
のどちらかを選択できるようにし、感染防止に留意して実施しています。
9月はまず、関東以西へ進学した120名のみちのく生と面談いたしました。

<みちのく生の声>
「大学に進学し、アメリカンフットボールの部活に入部しました。
チームでプレーする競技に憧れ、今年の春からサブレギュラーとして活躍しています。
新型コロナ感染が拡大する中ですが、充実した日々を送っています。」(10期生)
「調理師の専門学校に通い、今年で卒業します。今、技能公務員試験に向けて勉強を頑張っています。将来は、学校給食の調理師を目指します。」(9期生) 

今年の面談では、みちのく生が新型コロナウイルスの影響等で困っていることがないか、
その点もしっかりヒアリングしています。
10月・11月には仙台・盛岡エリアでも開催を予定しており、約290名のみちのく生全員と
面談をいたします。

 

【みちのく未来通信第29号を発行しました】
2021/9/29 更新
みちのく未来基金のサポーターをはじめ、関係の皆様へ基金の活動をお知らせする
「みちのく未来通信」の第29号が完成しました。
新型コロナウィルス感染拡大に伴い様々なイベントが延期・中止となっておりますが、
今年4月に進学した10期生をはじめ、皆確かな足取りでそれぞれが抱く夢や目標へ向かっています。
今号では「オンラインイベント開催」「寄附金状況の御礼とご報告」
「サポーターの皆様より頂いたお言葉」「社会で活躍する卒業生たちの近況」
「11期生のエントリー面談の様子」などの記事を掲載しております。
お手元に届きましたら、是非ともご覧ください。

★データ版はこちらからご覧いただけます★
http://michinoku-mirai.org/miraitsushin.html

 

【第10期中間収支報告】
2021/5/7 更新
第10期の中間収支(2020年10月~2021年3月)がまとまりましたのでご報告いたします。

1.収入について
2020年10月から2021年3月までの期間に、236,585,042円のご寄附をいただきました。
みちのく未来基金では奨学金給付費用と基金運営費用をそれぞれ指定して寄附いただいており、
指定以外の使途に使用することはございません。

2.支出について
総額で153,344,288円を支出しております。このうち奨学金給付費用として135,599,101円、
奨学生交流費用などの事業費として1,763,017円、基金の運営管理費用として15,982,170円
を支出しました。

なお詳細な資料については2021年9月末の決算が完了次第、皆様にご報告させていただきます。
(2021年12月にウェブサイト掲載予定です。)
皆様からの温かいご支援に感謝申し上げます。




【 みちのく未来基金への各種お問い合わせに関するご案内】
2020/4/17 更新
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、みちのく未来基金では時短勤務と在宅勤務を並行して行っております。このため、事務局へのお電話がつながりにくくなることがございます。
学費のお支払い手続きやご寄附に関するお問い合わせは、メールにてお送りいただきますようお願いいたします。

メール宛先:
info@michinoku-mirai.org
なお、4月6日(月)~5月29日(金)の期間は営業時間を月~金10:00-16:00とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

【営業時間変更のお知らせ】
2020/4/1 更新
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
4月6日より、みちのく基金の営業時間を下記の通り変更いたします。
営業時間の変更に伴い、ご寄附受領証の発行やお届けが通常より遅くなる場合がございます。
皆様におかれましてはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【変更期間】2020年4月6日(月)~5月29日(金)
【営業時間】月~金 10:00~16:00(土・日・祝日は休業)

代表理事VTR
代表理事VTR
 
支援者・進学を希望する子供たちへ
 
みちのくメッセージビデオ
みちのくメッセージビデオ
 
みちのく生・発起3社からの
メッセージ


みちのく未来通信
みちのく未来通信
 
年3回発行。基金の取り組みや
みちのく生の活動を御紹介
応援VTR
応援VTR
 
サポーターの皆様から
震災遺児へ応援メッセージ


設立の思い
 
基金の設立に対する思いと考え方



公益財団法人みちのく未来基金
〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
TEL022(724)7645 FAX022(724)7646 
 
| トップページ | ご挨拶・団体概要 | 設立意図・特徴 | 給付金申請方法 | 支援企業・団体 | よくあるご質問 | 過去の更新情報一覧 |
| 進学給付ご希望の方 | 寄附・支援ご検討の方 | 基金スタッフ紹介 | facebook |
| 代表理事VTR | みちのくメッセージビデオ | みちのく未来通信 | 応援VTR |
| サイトマップ | 個人情報保護に基づく記載 | お問い合わせフォーム |


Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.