公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒981-3135宮城県仙台市泉区八乙女5丁目10番8号 八乙女ユナイトビル2F ℡022-343-9996 FAX022-343-9998
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
| 定款 | 財務諸表 | 役員評議員 | 役員報酬規定 |
| Japanese | English |

トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問

#設立の記録

みちのく未来基金「第5期生の集い」

みちのく未来基金「第4期生の集い」

みちのく未来基金「第3期生の集い」

みちのく未来基金「第2期生の集い」

みちのく未来基金「第1期生の集い」

 
TOPIX・事務局からのインフォメーション
 

   過去の更新情報一覧
進学給付御希望の方

寄附・支援御検討の方



基金スタッフ紹介

みちのく未来基金facebook

スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]


【第6期生の集いを開催】
3月17日(金)〜19日(日)の3日間、新入生の進学と在籍生の卒業をサポーター・関係者の皆様と
お祝いする「第6期生の集い」を開催いたしました。総勢およそ400人が参加した大イベントと
なりましたが、天候にも恵まれ、みちのく生の絶大な協力によって無事終えることができました。

今回はみちのく生が企画の段階から入り、事前に招待状や掲示物の作成等を自主的に行いました。
イベントにあたり後輩を迎えるために、総勢80人近い在籍生が集結してくれました。18日には、進学する
6期生99人(3月10日時点)のうちから、82人が参加しました。最初は緊張が隠せない様子でしたが、先輩たち
によるオリエンテーションを受け、ともにレクリエーションを楽しむうちに徐々に表情もほころびました。
ホテルでの夕食会ではテーブルを囲んで話が弾み、「語りの時間」では先輩のリードで将来の夢や目標
を語り合いました。

3月19日(日)、東北工業大学の八木山キャンパスに、サポーターや関係者の方々をお迎えして
「第6期生の集い」が開会しました。
 ・「活動報告」:みちのく生の活躍の様子を説明後、インタビュー形式で話を聞きました。
 ・「門出の会」:6期生一人一人が進学先での目標を発表しました。
 ・「旅立ちの会」:基金を卒業する在籍生26人が想いを語りました。
 ・「ランチパーティ」:みちのく生とサポーターが直に交流しました。

基金で出会えた仲間の大切さを口々に語る卒業生に、会場から温かい拍手がおくられました。
中には胸がいっぱいで涙が止まらない卒業生もいて、ハンカチを目に当てるサポーターの姿も
目立ちました。ランチパーティでは、みちのく生が直接サポーターとお話し、感謝の気持ち
を伝えました。「支援してよかった」という声を多くの方々から頂戴しています。
また、多くのみちのく生OBOGが駆けつけて開催を手伝うとともに、後輩たちにエールを送り、
みちのくの「わ(話、和、環)」が一層広がった一日となりました。

震災当時おなかにいた子は「第19期生」として迎えることになります。長く続けていく活動に、
これからもご支援をよろしくお願いします。


代表理事VTR
代表理事VTR
 
支援者・進学を希望する子供たちへ
 
みちのくメッセージビデオ
みちのくメッセージビデオ
 
みちのく生・発起3社からの
メッセージ


みちのく未来通信
みちのく未来通信
 
年3回発行。基金の取り組みや
みちのく生の活動を御紹介
応援VTR
応援VTR
 
サポーターの皆様から
震災遺児へ応援メッセージ


設立の思い
 
基金の設立に対する思いと考え方



公益財団法人みちのく未来基金
〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
TEL022(724)7645 FAX022(724)7646  【E-mail】 info@michinoku-mirai.org
 
| トップページ | ご挨拶・団体概要 | 設立意図・特徴 | 給付金申請方法 | 支援企業・団体 | よくあるご質問 | 過去の更新情報一覧 |
| 進学給付ご希望の方 | 寄附・支援ご検討の方 | 基金スタッフ紹介 | facebook |
| 代表理事VTR | みちのくメッセージビデオ | みちのく未来通信 | 応援VTR |
| サイトマップ | 個人情報保護に基づく記載 | お問い合わせフォーム |


Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.