公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒981-3135宮城県仙台市泉区八乙女5丁目10番8号 八乙女ユナイトビル2F ℡022-343-9996 FAX022-343-9998
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
| 定款 | 財務諸表 | 役員評議員 | 役員報酬規定 |
| Japanese | English |

トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問

#設立の記録

みちのく未来基金「第5期生の集い」

みちのく未来基金「第4期生の集い」

みちのく未来基金「第3期生の集い」

みちのく未来基金「第2期生の集い」

みちのく未来基金「第1期生の集い」

 
TOPIX・事務局からのインフォメーション
 

   過去の更新情報一覧
進学給付御希望の方

寄附・支援御検討の方



基金スタッフ紹介

みちのく未来基金facebook

スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]


【「4月の集い」を開催 】
4月23日(日)に、「第6期生の集い」に参加できなかった6期生19名を対象に仙台と東京の2会場において、
「4月の集い」を開催しました。

レクリエーションではクイズに挑戦し、オリエンテーションで基金のルールやイベントについて説明を
受けた後、語りの時間では交流を図りつつ、将来の夢や目標を話し合いました。

最初は緊張した面もちだった6期生も、サポートスタッフとして参加してくれた在籍生やOBOGのフォローで
笑顔になりました。これからも基金で楽しい時間を過ごしてもらえるように交流の機会などを設けていきます。


(仙台会場)

(東京会場)
【第6期中間収支報告(2016年10月-2017年3月)】
 第6期の中間収支状況(2016年10月~2017年3月末)がまとまりましたのでご報告させていただきます。

1.収入について
  2016年10月から2017年3月の期間に、401,331,413円のご寄附をいただいております。
  皆様からのご寄附金は全て奨学金給付のためにだけ使用する奨学金指定寄附としてお預かりしており、
  他の目的では使用致しません。
   (運営費用等はスタッフ派遣企業からの支援金で賄っています。)

2.支出について
  総額で166,996,672円を支出しております。
  内訳は奨学金給付として145,941,956円、奨学生交流費(第6期生の集い費用等)として8,801,302円、
  基金の運営管理費用として12,253,414円となっております。

なお詳細につきましては、2017年9月末の決算が完了次第、皆様にご報告させていただきます。
 (2017年12月にホームページに掲載予定)
長期の支援活動になりますが、今後ともみちのく未来基金への末永いご支援・ご賛同よろしくお願いいたします。


                                         注)第6期の予算は年間予算で記しています。


代表理事VTR
代表理事VTR
 
支援者・進学を希望する子供たちへ
 
みちのくメッセージビデオ
みちのくメッセージビデオ
 
みちのく生・発起3社からの
メッセージ


みちのく未来通信
みちのく未来通信
 
年3回発行。基金の取り組みや
みちのく生の活動を御紹介
応援VTR
応援VTR
 
サポーターの皆様から
震災遺児へ応援メッセージ


設立の思い
 
基金の設立に対する思いと考え方



公益財団法人みちのく未来基金
〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
TEL022(724)7645 FAX022(724)7646  【E-mail】 info@michinoku-mirai.org
 
| トップページ | ご挨拶・団体概要 | 設立意図・特徴 | 給付金申請方法 | 支援企業・団体 | よくあるご質問 | 過去の更新情報一覧 |
| 進学給付ご希望の方 | 寄附・支援ご検討の方 | 基金スタッフ紹介 | facebook |
| 代表理事VTR | みちのくメッセージビデオ | みちのく未来通信 | 応援VTR |
| サイトマップ | 個人情報保護に基づく記載 | お問い合わせフォーム |


Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.