公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
| 定款 | 財務諸表 | 役員評議員 | 役員報酬規程 |
| Japanese | English |

トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問

みちのく未来基金「第7期生の集い」

#設立の記録

みちのく未来基金「第6期生の集い」

みちのく未来基金「第5期生の集い」

みちのく未来基金「第4期生の集い」

みちのく未来基金「第3期生の集い」

みちのく未来基金「第2期生の集い」

みちのく未来基金「第1期生の集い」

 
TOPIX・事務局からのインフォメーション

   過去の更新情報一覧

進学給付御希望の方

寄附・支援御検討の方



基金スタッフ紹介

みちのく未来基金facebook

スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]


◆休業日のお知らせ◆
土曜・日曜の年次面談実施に伴い、下記の日は振替休業となります。
ご来訪者様におかれましてはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
【休業日】11月19日(月)・20日(火)・26日(月)


【第14回定時理事会を開催しました】
更新:2018/11/15
11月13日、第14回定時理事会を開催いたしました。

今回は、第7期の決算報告、常勤役員の採用、定時評議員会の招集、規程の新設および改訂の4つの議案が上程され、承認されました。

第7期の事業報告については、設立から7年を経過してもなお多くの方にご支援いただいている寄附金の状況や、
今後のみちのく生のエントリー状況等について代表理事から説明がありました。
決算報告書などの関係資料につきましては、12月の評議員会終了後、基金ホームページに掲載いたします。

また理事会終了後には、来年3月に社会人となるみちのく生3名を交えて、話を聞き懇親を深める機会を持ちました。
みちのく生からは学生生活を振り返って
「家族とも学校とも違う、みちのくというコミュニティを持てたことはとても良かった」
「みちのくはもうひとつの家族のような、大切な存在」
といった言葉が寄せられ、理事・監事からみちのく生へは
「社会人になったら、今度は後輩たちを支える側として頑張ってください。
これからもみちのく未来基金との良いつながりを持ち続けてもらえたらと思います」とメッセージが贈られました。

  


【「第8期生の集い」準備が始まっています】
更新:2018/11/07
2019年3月に開催する「第8期生の集い」に向けて、準備が始まっています。
この集いは、2019年4月に進学する8期生を迎え入れ、卒業生の旅立ちを祝うイベントです。
昨年までに引き続き、各プログラムの企画準備段階から多数のみちのく生に参加してもらっています。
この日は盛岡のメンバーで打合せを行い、メインプログラムの一つである「語りの時間」について意見を交換しました。
参加してくれたみちのく生からは、
「8期生は緊張しているかもしれないが、リラックスして楽しんでもらいたい」
「同じみちのく生どうし繋がりを持ちたい」
「サポーターの方々に『支援してよかった』と思ってもらいたい」
など、集いに関してさまざまな意見をもらいました。
これから東京・仙台でも同様にチームごとの準備を進めていきます。

  

【盛岡面談を実施しました】
更新:2018/11/07
11月3日と4日の2日間に渡り、盛岡にてみちのく生36名と年次面談を行いました。
盛岡でもみちのく生がサポートスタッフを務め、待合での声掛けや書類記入の案内により、
明るい雰囲気作りに大きな役割を果たしてくれました。
卒業を控えた4期生の一人は「4月からは夢だった教師になります。立派な先生になれるようこれからも頑張って行きます」
と語ってくれました。
また国際教養学部に通う7期生からは「授業が全て英語なので、初めはすごく大変だった。
半年が経過し授業にも慣れてきた。自分の夢に向かってこれからも頑張りたい!」という頼もしい声を聴くことができました。
盛岡会場でも、社会人となったみちのく生OB・OGが何人も立ち寄ってくれて、久しぶりの再会を喜び合うとともに後輩たちを励ましていたのがとても印象的でした。
みちのく生全員の声を聴いて「今」を知るこの面談を今後も大切にしていきたいと思います。

  


代表理事VTR
代表理事VTR
 
支援者・進学を希望する子供たちへ
 
みちのくメッセージビデオ
みちのくメッセージビデオ
 
みちのく生・発起3社からの
メッセージ


みちのく未来通信
みちのく未来通信
 
年3回発行。基金の取り組みや
みちのく生の活動を御紹介
応援VTR
応援VTR
 
サポーターの皆様から
震災遺児へ応援メッセージ


設立の思い
 
基金の設立に対する思いと考え方



公益財団法人みちのく未来基金
〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
TEL022(724)7645 FAX022(724)7646 
 
| トップページ | ご挨拶・団体概要 | 設立意図・特徴 | 給付金申請方法 | 支援企業・団体 | よくあるご質問 | 過去の更新情報一覧 |
| 進学給付ご希望の方 | 寄附・支援ご検討の方 | 基金スタッフ紹介 | facebook |
| 代表理事VTR | みちのくメッセージビデオ | みちのく未来通信 | 応援VTR |
| サイトマップ | 個人情報保護に基づく記載 | お問い合わせフォーム |


Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.