公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学する際、入学金と授業料(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
| 定款 | 財務諸表 | 役員・評議員・組織図 | 役員報酬規程 |
| Japanese | English |
トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問

新型コロナウイルス感染拡大に伴う最新情報・お知らせ


みちのく未来基金「第7期生の集い」

みちのく未来基金「第7期生の集い」

#設立の記録

みちのく未来基金「第6期生の集い」

みちのく未来基金「第5期生の集い」

みちのく未来基金「第4期生の集い」

みちのく未来基金「第3期生の集い」

みちのく未来基金「第2期生の集い」

みちのく未来基金「第1期生の集い」

 
TOPIX・事務局からのインフォメーション

   過去の更新情報一覧

進学給付御希望の方

寄附・支援御検討の方



基金スタッフ紹介

みちのく未来基金facebook




スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]


第19回定時理事会を開催しました
2021/9/16 更新
9月14日にみちのく未来基金の第19回定時理事会を開催しました。
本理事会では第10期の事業報告として、在籍しているみちのく生の状況、第11期生のエントリー人数や寄附金および収支の状況などについて詳細な説明を行いました。
特に、サポーターの皆さまに寄附金の停止・減額のお願いをした点について、
その結果や反応について深く意見交換を実施しました。
多くのサポーターから温かいメッセージを頂いており、理事・スタッフ一同、
感謝の気持ち溢れる時間となりました。
次いで、第11期の事業計画と予算に関する協議を行い、検討の結果承認されました。
この結果に基づき、内閣府へ第11期活動計画書を提出いたします。
内閣府に提出する資料につきましては、追って基金のウェブサイトに掲載いたします。
また、選考委員の改選にあたり、第6期選考委員案を提示し、承認されました。
選考委員の方々には、進学希望先となる学校情報などをふまえ、
新たなみちのく生として支援して良いかの判断をいただいております。
 

【選考委員会を実施しました】
2021/9/9 更新
みちのく未来基金では5月末から11期生候補の生徒さんが在籍する高校を訪問して、
エントリーを受け付けてまいりました。
候補者のリストに基づいて、一人ひとり志望校や震災遺児としての認定について選考委員会を開催し、3名の選考委員とともに慎重に検討いたしました。
その結果、進学希望の78名全員を給付対象者とすることが承認されました。
承認された78名の生徒さんには「内定通知書」を送りいたします。
78名それぞれの生徒さんの将来の夢は多種多様であり、進学先も様々です。
全員が志望校へ合格することを心より願っています。

【エントリー面談を実施しています】
2021/7/2 更新
2022年4月に進学希望の奨学金給付対象者となる第11期生の生徒さんとの
エントリー面談を実施しています。
この面談では担当スタッフが各高校を訪問し、生徒さんへの基金のルールを説明するとともに、
希望する進路などについてお聞きしています。
今年も昨年に続き新型コロナウイルスの影響で、感染予防対策には十分に配慮しながらの
対応となりました。
マスク越しではありますが、希望に満ちた生徒さんの眼差しは印象的でした。
第11期生としてみちのく未来基金にエントリーいただいている生徒さんは、
7月1日現在で82名となりました。
全員が希望通りに進学できるよう、スタッフ一同心より応援しております。 

 


【オンラインイベントを開催しました】
2021/7/2 更新
コロナ禍で様々なイベントが延期・中止となっております。
本来であればBBQイベントを開催する予定でしたが、今年も残念ながら中止となってしまいました。
「みちのく生どうしの繋がりを作ってほしい」という思いから、
オンラインでのイベントを6月26日に開催しました。
当日は14名のみちのく生が参加してくれ、チーム対抗戦でのクイズや、興味のある話題についての
おしゃべり会等で盛り上がり、みんな笑顔で楽しく交流を深めることができました。
今後もみちのく生どうしの繋がりを作っていけるよう、各種イベントを実施してまいります。
 

【新しいスタッフが着任しました】
2021/6/29 更新
新しいスタッフが着任しましたのでお知らせいたします。
佐々木 崇吏(ささき たかし)
ニックネーム:ウォーリー
ロート製薬株式会社より着任、大阪府出身。
<ひとこと>
事務局として、奨学金・労務管理・寄附金関連を担当します。
はじめての東北と、色々な人とのこれからの出会いにドキドキしながら楽しみ一杯で頑張ります。


 

【みちのく未来通信28号を発行しました】
2021/6/18 更新
みちのく未来基金のサポーターをはじめ、関係の皆様へ基金の活動をお知らせする
「みちのく未来通信」の第28号が完成しました。
今号では「卒業生を送る集い2021」「第9・10期生を迎える集い2021」「第10期生進学先状況」
などの記事を掲載しております。お手元に届きましたら、是非ともご覧ください。
たくさんの方に、みちのく生の今を見ていただけましたら幸いです。

「みちのく未来通信」はウェブサイトからもご覧いただけます。
(こちらhttp://michinoku-mirai.org/miraitsushin.html)
 

【第10期中間収支報告】
2021/5/7 更新
第10期の中間収支(2020年10月~2021年3月)がまとまりましたのでご報告いたします。

1.収入について
2020年10月から2021年3月までの期間に、236,585,042円のご寄附をいただきました。
みちのく未来基金では奨学金給付費用と基金運営費用をそれぞれ指定して寄附いただいており、
指定以外の使途に使用することはございません。

2.支出について
総額で153,344,288円を支出しております。このうち奨学金給付費用として135,599,101円、
奨学生交流費用などの事業費として1,763,017円、基金の運営管理費用として15,982,170円
を支出しました。

なお詳細な資料については2021年9月末の決算が完了次第、皆様にご報告させていただきます。
(2021年12月にウェブサイト掲載予定です。)
皆様からの温かいご支援に感謝申し上げます。




【 みちのく未来基金への各種お問い合わせに関するご案内】
2020/4/17 更新
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、みちのく未来基金では時短勤務と在宅勤務を並行して行っております。このため、事務局へのお電話がつながりにくくなることがございます。
学費のお支払い手続きやご寄附に関するお問い合わせは、メールにてお送りいただきますようお願いいたします。

メール宛先:
info@michinoku-mirai.org
なお、4月6日(月)~5月29日(金)の期間は営業時間を月~金10:00-16:00とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

【営業時間変更のお知らせ】
2020/4/1 更新
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
4月6日より、みちのく基金の営業時間を下記の通り変更いたします。
営業時間の変更に伴い、ご寄附受領証の発行やお届けが通常より遅くなる場合がございます。
皆様におかれましてはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【変更期間】2020年4月6日(月)~5月29日(金)
【営業時間】月~金 10:00~16:00(土・日・祝日は休業)

代表理事VTR
代表理事VTR
 
支援者・進学を希望する子供たちへ
 
みちのくメッセージビデオ
みちのくメッセージビデオ
 
みちのく生・発起3社からの
メッセージ


みちのく未来通信
みちのく未来通信
 
年3回発行。基金の取り組みや
みちのく生の活動を御紹介
応援VTR
応援VTR
 
サポーターの皆様から
震災遺児へ応援メッセージ


設立の思い
 
基金の設立に対する思いと考え方



公益財団法人みちのく未来基金
〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
TEL022(724)7645 FAX022(724)7646 
 
| トップページ | ご挨拶・団体概要 | 設立意図・特徴 | 給付金申請方法 | 支援企業・団体 | よくあるご質問 | 過去の更新情報一覧 |
| 進学給付ご希望の方 | 寄附・支援ご検討の方 | 基金スタッフ紹介 | facebook |
| 代表理事VTR | みちのくメッセージビデオ | みちのく未来通信 | 応援VTR |
| サイトマップ | 個人情報保護に基づく記載 | お問い合わせフォーム |


Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.