公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。
| 定款 | 財務諸表 | 役員・評議員・組織図 | 役員報酬規程 |
| Japanese | English |

トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問


みちのく未来基金「第7期生の集い」

みちのく未来基金「第7期生の集い」

#設立の記録

みちのく未来基金「第6期生の集い」

みちのく未来基金「第5期生の集い」

みちのく未来基金「第4期生の集い」

みちのく未来基金「第3期生の集い」

みちのく未来基金「第2期生の集い」

みちのく未来基金「第1期生の集い」

 
TOPIX・事務局からのインフォメーション

   過去の更新情報一覧

進学給付御希望の方

寄附・支援御検討の方



基金スタッフ紹介

みちのく未来基金facebook

スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]

【ご来訪者紹介 ~ 一如社 様 ~】
更新:2019/4/04

4月4日、株式会社一如社 常務取締役の阪下様、大竹様が事務所に訪問いただきました。今年も多額のご寄付を頂戴いたしました。
3月の第8期生の集いは残念ながらご欠席されたため、当日の状況をご説明し来年は必ず参加するとおっしゃていただきました。
いつも心に留めていただき、感謝申し上げます。



【新任スタッフのご紹介】
更新:2019/4/03

4月1日、みちのく未来基金事務局に新しいスタッフが着任いたしました。ご紹介いたします。

北川 宣人(ニックネーム: のぶさん) エバラ食品工業株式会社より着任。静岡県出身。
ひとこと: 学生(みちのく生)の皆さまの将来の夢に向け、微力ながらも貢献出来る様、日々鋭意努力致します。



【第8期生の集いを開催しました】
更新:2019/3/20

2019年3月17日(日)に「第8期生の集い」を開催いたしました。
今年は会場を仙台国際センターに移し、新入生の門出と卒業生の旅立ちを祝いました。
当日は天候にも恵まれ、約380名が参加する大きな祝いの場となりました。

前々日の15日から、みちのく生がサポートスタッフとして新入生とサポーター(寄附者)の方々を迎えるための準備を行いました。
そして16日の午後より、8期生80名(3月14日時点)のうち59名がプログラムに合流しました。
初めは緊張の面持ちでしたが、先輩サポートスタッフの優しい声掛けにより、徐々にリラックスしてプログラムを楽しんでいました。

17日当日には、「門出の会」にて8期生全員が思い思いの言葉で将来の夢を発表しました。
また、みちのく未来基金を3月に卒業する77名のうち、19名が「旅立ちの会」で学校生活や基金での思い出を声を詰まらせながら語ってくれました。
その後のランチパーティーでは、みちのく生とサポーターが食事を楽しみながら交流する和やかな会となりました。

今回集いが無事開催できましたのも、ひとえにサポーター皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。
今後ともみちのく未来基金をどうぞよろしくお願い申し上げます。

【ご来訪者紹介 ~株式会社ノーリツ 様~】
更新:2019/3/12

3月8日、株式会社ノーリツ 東北支店支店長の三林様と総務課長の金城様がお越しになり、
今年も多額のご寄附を頂戴いたしました。
第8期生の状況や、3月の集いの準備進捗、みちのく生同士の交流についてお話しいたしました。
継続したご支援、ならびに基金の活動への理解と励ましに、心より感謝申し上げます。

【集いに向けて準備を進めています!】
更新:2019/3/6

みちのく未来基金最大のイベント、3月の集いが今年も迫ってきました。
開催に向け、みちのく生も着々と準備を進めてくれています。
新入生、サポーターの方々に有意義な時間を過ごしてもらうため、
みちのく未来基金一同取り組んでいきます。

【合格面談を実施しています!】
更新:2019/2/6

2019年4月に進学を希望している第8期生は95名が登録しております。
現在までに(2月5日時点)52名の進学先が確定しています。
基金の約束として、本人、保護者、先生、基金スタッフと4者面談を行い、
基金のルールや奨学金の給付方法などを直接説明することになっています。
その中で3月の集い(門出の会)の詳細も説明させてもらい参加の意思を確認しています。
(2月5日時点で37名が参加予定)

登録している全員が希望通り進学できることを、基金スタッフ全員で願っています。



【ご来訪者紹介~日進工具株式会社 様~】
更新:2019/2/5
2月4日に、日進工具株式会社の代表取締役副社長 後藤様と仙台工場工務課課長 野村様が
基金事務所へお見えになりました。

精密機械のメーカーで、売り上げに応じた寄附をもう5年にわたっていただいております。
また会社内に募金箱を設置いただいており、今回そこからのご寄附も同時に贈呈いただきました。ありがたい限りです。

3月の「第8期生の集い」にもご出席くださるとのことで、震災後8年が経とうとしておりますが、変わらぬ想いに感謝いたします。



代表理事VTR
代表理事VTR
 
支援者・進学を希望する子供たちへ
 
みちのくメッセージビデオ
みちのくメッセージビデオ
 
みちのく生・発起3社からの
メッセージ


みちのく未来通信
みちのく未来通信
 
年3回発行。基金の取り組みや
みちのく生の活動を御紹介
応援VTR
応援VTR
 
サポーターの皆様から
震災遺児へ応援メッセージ


設立の思い
 
基金の設立に対する思いと考え方



公益財団法人みちのく未来基金
〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F
TEL022(724)7645 FAX022(724)7646 
 
| トップページ | ご挨拶・団体概要 | 設立意図・特徴 | 給付金申請方法 | 支援企業・団体 | よくあるご質問 | 過去の更新情報一覧 |
| 進学給付ご希望の方 | 寄附・支援ご検討の方 | 基金スタッフ紹介 | facebook |
| 代表理事VTR | みちのくメッセージビデオ | みちのく未来通信 | 応援VTR |
| サイトマップ | 個人情報保護に基づく記載 | お問い合わせフォーム |


Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.