公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒981-3135宮城県仙台市泉区八乙女5丁目10番8号 八乙女ユナイトビル2F ℡022-343-9996 FAX022-343-9998
| 定款 | 財務諸表 | 役員評議員 | 役員報酬規定 |
 | Japanese | English |

トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問



寄附・支援御検討の方





スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]
■2014年3月24日 【3期生の集い 実施しました!】






   

 
3期生の集い 実施しました!
3/14(金)~15(土)の2日間で、みちのく未来基金「第3期生の集い」が行われました。

1日目。東北自治研修センターにて、集いがスタート。
この春進学する3期生の基金申請者112名(3/15現在)のうち、52名が来てくれました。会場に来たばかりのときは緊張の色が見えましたが、基金手作りの「レクリエーション」と「夕食会」、そしてお互いのことをゆっくり話し、「わ」を深める「語りの時間」を通じて、次第に3期生達の表情は和らぎ、元気な様子を見せてくれました。スタッフとして参加してくれた1・2期生が一生懸命準備し、後輩たちを歓迎してくれたおかげで、さらに和やかな場になりました。

2日目。会場を宮城大学 大和キャンパスに移し、3期生達の「門出の会」を実施。
高校を卒業して進学する彼ら1人ひとりが壇上に立ち、これからの抱負・将来の目標を自分なりの言葉で話してくれました。
また、短大・専門学校を卒業して社会に羽ばたくみちのく生の「羽ばたきの会」も行いました。社会に羽ばたくにあたっての抱負や、みちのく未来基金を応援して下さるサポーター(支援者)への想いを話してくれ、「みちのく未来基金は私にとって家族です」と語ってくれるみちのく生もいました。その後に行われたランチパーティは、まさしくみちのく生とサポーターが家族のように「わ」を深める、温かな雰囲気の場となりました。

みちのく生の皆さん、進学・卒業、本当におめでとうございます!!
3期生の進学先でのがんばりと、卒業生たちの社会での活躍を期待しつつ、これからもみちのく生達を支援してまいります。



Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.