公益財団法人みちのく未来基金[震災遺児に進学の夢を] 〒981-3135宮城県仙台市泉区八乙女5丁目10番8号 八乙女ユナイトビル2F ℡022-343-9996 FAX022-343-9998
| 定款 | 財務諸表 | 役員評議員 | 役員報酬規定 |
 | Japanese | English |

トップページ ご挨拶・団体概要 設立意図・特徴 給付金申請方法 支援企業・団体 よくあるご質問



寄附・支援御検討の方

基金スタッフ紹介



スマートフォンで閲覧はコチラ
公益財団法人みちのく未来基金スマートフォンサイト[QRコード]
■2015年12月29日 【年末のご挨拶】





年末のご挨拶
時が流れるのは本当に早く、2015年も残すところあと数日となりました。

今年4月、4期生として102名の子どもたちが新たにみちのく生となりました。基金の発足以来、初めて1年生から4年生までが揃い、現在は328名が在籍しています。 来春には基金で初めての大学卒業者を含め、多くのみちのく生が社会にはばたいていきます。同時に、100名を超える5期生を新たに迎え入れるべく準備を進めています。

基金では、3月の集いに続き、バーベキューや夏の集い、年次面談などを行ってきました。こうしたイベントの開催時には、多くのみちのく生が参加、協力してくれました。先輩が優しいまなざしで後輩たちのフォローをしてくれたことがとても印象に残っています。交流を深めてくれるみちのく生からは、いつも笑顔と元気をもらっています。

また、「職場の仲間と支援のイベントを行った」、「留学先で広く募金を呼びかけた」、「人生の節目に当たり子どもたちの進学に使ってほしい」等々、実に多くの方々からご寄附をいただきました。震災から4年以上が経過した今も、支援の輪が着実に広がっていることを実感しています。ご支援をいただいております皆様方に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。

お身体に気を付けて、どうぞよいお年をお迎え下さい。基金では来年6日より、5期生の合格祈願を皮切りに新年の仕事を開始致します。来年が皆様にとってさらによい年になりますよう祈念申し上げます。
 
公益財団法人みちのく未来基金
業務執行理事  末田隆司




Copyright(C) 2013 公益財団法人みちのく未来基金 All Rights Reserved.